メルマガのぞき見!【限定情報】をGETする方法

「カバレッジ」関連の問題が検出されました|エラー対応のやり方【XMLサイトマップ】

にっきー

どうも!にっきーです。

ブログを運営する上では、GoogleやBingなどの「検索エンジン」との連携が不可欠です。

しかし、 Google Search Consoleを使っていると、時々不安になるエラーメッセージが届くことがあります。

 

今回ご紹介するのは、メールで「カバレッジで問題が検出されました」という通知が来たという事例です。

 

メールに書かれている内容を抜粋するとこんな感じです。

 

Search Console により、貴サイトに影響する「カバレッジ」関連の問題が 1 件検出されました。

主なエラー

エラーにより、貴サイトのページまたは機能が検索結果に表示されなくなる可能性があります。貴サイトでは、以下のエラーが検出されました。

送信された URL に noindex タグが追加されています

上記の問題をできる限り解決されることをおすすめいたします。こうした問題を解消することで、サイトのエクスペリエンスや Google 検索結果での表示を最適化できます。

 

このエラーメッセージは、XMLサイトマップを作る際の設定によって届くかどうかが変わります。

対処法自体は簡単なのですが、どうしてこのエラーが出たのかも知りたいところかなと思うので、エラー対応の手順と合わせて説明もしていきます!

 

にっきー

そもそもXMLサイトマップを設定したかどうか覚えていない、という人は、こちらのページの設定を一度確認してみてください!

XMLサイトマップの設定を0から行う方法はこちらで紹介しています

 

 

サーチコンソールでのエラー確認方法

 

カバレッジを開いてエラー確認

 

Google Search Console(サーチコンソール)を開いて、左のメニューから「カバレッジ」を選びます。

 

カバレッジのページを開いて、下の方にスクロールしていくと、エラー内容を確認できます。

XMLサイトマップのエラーの場合、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」と表示されている場合が多いです。

ここをクリックして、詳細を見ていきます。

 

noindexタグって何?
noindexというのは「Googleなどの検索エンジンの検索結果に表示させないてください」という設定です。

記事の持ち主であるブログ管理者が、記事ごとに設定することができます。

にっきー

にっきーの場合は、パスワード付きの限定公開のページや、免責事項やプライバシポリシーなどの「検索結果で表示されるようなものでもない」というページに【noindexタグ】を設定しています。

 

「noindexタグが追加されています」の内容が、「〇〇(ドメイン名)/sitemap.html」というものか確認します。

〇〇(ドメイン名)/sitemap.html」というものがエラーの内容であれば、ここから説明する対応をしていけばokです!

注意
WordPressページで対応した後に、このページはまた使います

開いたままにしておいてください!

 

 

XMLサイトマップのnoindexエラー修正方法

 

そもそも、XMLサイトマップは、Googleのロボットのために作ったものなので、人間相手のページではありません。(アクセスしても謎の文字列がズラ〜〜〜〜っと出るだけのページです)

このとき、ロボット相手のページは「https://〇〇(ドメイン名)/sitemap.xml」というURLです。

末尾が「xml」なんだね

アドさん

にっきー

xmlサイトマップと言われるくらいだからね。

 

この「https://〇〇(ドメイン名)/sitemap.xml」は「noindex」でいいのですが、プラグインの設定で「https://〇〇(ドメイン名)/sitemap.html」というのが生成されている場合があるのです。

先ほど確認したエラーページの表示もこのようになっていましたね。

これは末尾が「html」なんだね。

なるほど、こんなページ作った覚えはないッ。

アドさん

にっきー

末尾が「html」になっているページは人間向けのページです。

サイトマップ作成プラグインを使ってロボット向けのページを作った際に自動生成されてしまっているので、設定を変えていきます!

 

 

XML sitemapプラグインから修正を行う手順

 

手順1
XML Sitemapを開く

ダッシュボードのメニューから「設定」→「XML Sitemap」でプラグインの設定画面を開きます。

にっきー

「プラグイン」ではなく、「設定」の中に入っているので見つかりにくいです。

気をつけてください!

手順2
HTML形式のサイトマップを削除

プラグイン「XML Sitemap」は初期設定のままだと、自動で「HTML形式のサイトマップ」を作成する状態になっています。

これを消すには「基本的な設定」の項目の中から「HTML形式でのサイトマップを含める」を探し、チェックをはずします

チェックをはずしたら、忘れずに設定を保存してください!

一番下に「設定を更新」という青いボタンがあるので、ここをクリックすればOKです。

にっきー

「設定を更新」をクリックしていない状態ではまだ反映されていないので、忘れず反映させましょう!
手順3
Search Consoleで修正を反映

プラグインの設定が終わったら、サーチコンソールの画面に移動します。

先ほど開いたままにしておいたページに「修正を検証」というボタンがあるので、クリックします。

修正の検証を送付すると、画面がこのように切り替わります。

「検証:開始」の表記が出ていれば、反映されるのを待つだけです!

ちなみに、修正の検証を依頼すると、メールでもこのような案内が届きます。

検証が始まっているのが分かりやすいね!

アドさん

この通知が確認できれば、あとは設定が反映されるのを待つだけです。

 

まとめ

 

今回は、Google Search Consoleで『Search Console により、貴サイトに影響する「カバレッジ」関連の問題が 1 件検出されました。』と表示された人にむけて、エラーの対処法の説明をしていきました。

 

  • カバレッジの問題はプラグイン「XML Sitemap」を使った際に自動生成されてしまったページが原因の可能性あり
  • 末尾が「html」のページの作成は不要なので、プラグイン内で対応をする
  • プラグインでの対応は「チェックを外す」→「設定の更新」で終わり!

 

設定すること自体はとっても簡単なのですが、エラーが意味不明な言葉ばかりなので、とても不安になりますよね。

ただ、「noindex」の役割がわかっていればそんなに焦る必要はないのでご安心ください!

にっきー

ブログ運営をしている人の中には、あえて「noindex」のページを作っている人もいます。そう考えると、Googleへの伝達がただ失敗しているだけだな、いうことが分かってきますよね!

ブログの運営ではこのような知らない言葉がどうしても不安を生じさせるので、1つ1つクリアしていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)