ゆるふわイラストでわかる!ブログの作り方→

XMLサイトマップって?必要な理由と設定方法は?プラグインで簡単

にっきー

こんにちは!にっきーです。

 

ブログが形になってくると、そろそろ「Google Adsense(グーグルアドセンス)に通過するためにすべきこと」を考えながらブログを整えていきたい、という気持ちが湧いてきませんか?

Google Adsenseの合格パターンは様々で、基準を一概に言うことはできないのですが、同時期に審査を通過したブログを見比べることで「あ、これはやっておいた方が良さそうだな」というのが見えてきます。

 

今回は、Google Adsense合格者たちが「やっておいた方がいい」とよく口にしている「XMLサイトマップの設定」をご紹介します!

にっきー

Google Adsense合格ももちろんですが、合格後にこそ効果を発揮するツールでもあります。欠かせない設定なので、サクッと終わらせましょう!

 

 

XMLサイトマップって何?

 

ブログの設定のための言葉って、よく分からない言葉が多いですよね。にっきーも師匠から“XMLサイトマップ”の設定を促されたのですが、最初は「XMLサイトマップって何?」状態でした。

なので、まずは「そもそもXMLサイトマップって何?」ってところからお話ししていきます。

 

XMLサイトマップを登録していない場合

 

もしあなたがXMLサイトマップを登録していなかったとしても、Googleの検索結果に自分のブログを表示させるためには「インデックス登録」というのが必要です。

にっきー

Googleで何か調べたいことを検索して、結果がズラ〜ッと表示されるのは、Googleのロボットが「この場所にこの記事がある」ということを見つけては登録していってくれているからです。
ゼンリンの住宅地図みたいだね。どこに誰の家があるのかわかるのね。

アドさん

にっきー

(ゼンリン住宅地図って通じるんだろうか・・・)

 

Googleのロボットくんに「自分のブログはこんな内容で、URLはこれで、ここにあるよ!」って知ってもらうためには、1記事書き上がる度に「登録の申請」をするのがベストです。

これを申請すると、Googleのロボットくんが新しい記事を見にきてくれます。

これにより、記事は検索結果に表示されるようになるのです。

・・・が!

これだけでは、単に「ブログの1記事だけ知ってもらえた」にすぎません。

せっかくブログに来てくれるなら、他の記事も登録していってほしい〜

アドさん

にっきー

そのために必要なのが、このロボットくんのための地図=XMLサイトマップなのです。

 

 

XMLサイトマップが登録されている場合

 

次に、XMLサイトマップが登録されているブログの場合を見ていきましょう。

インデックス登録を申請するところは同じなのですが、XMLサイトマップを登録しておくと、Googleのロボットくんがブログに訪れたときにマップが用意してある状態となります。

もしこのときに、XMLサイトマップの中でインデックス登録を申請し忘れている記事があったとしたら、ついでに登録して行ってくれます。(サイトを巡回してくれます。)

「記事を登録してくれる」ということは同じですが、ついでにブログ内を巡回していってくれるのはありがたいですね。

こんな風に、Googleのロボットくんのために用意する地図が「XMLサイトマップ」です。

にっきー

訪問者(人間)向けのサイトマップとはまた別なので、どこかに新しいページができるわけではないです。

 

 

XMLサイトマップの設定方法

 

それではここからは、XMLサイトマップの設定方法をご紹介していきます。

 

手順1
プラグインをインストール
XMLサイトマップを作るためのプラグインを、新規追加します。検索窓に「XML sitemap」と入力すると「Google XML Sitemaps」というプラグインが見つかります。

 

↑これです。

見つかったらインストールして、「有効」にしておいてください。

手順2
XML-Sitemapの設定
「Google XML Sitemaps」を有効にしたら、ナビゲーションバーの「設定」の中に「XML-Sitemap」というメニューが新しく加わります。

 

「XML-Sitemap」をクリックしてください。

手順3
サイトマップのURLをコピー
プラグイン「XML Sitemap」を開くと、このような画面が出てきます。

赤く囲んでいるところに表示されるのが、あなたのブログのサイトマップのURLです。

「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」って書かれた後にあるURLです。

発見できたら、これをコピーしてください。

 

 

コピーしたら、次はGoogle Search Console(サーチコンソール)側での設定となります。

手順4
Search Consoleの設定
XMLサイトマップのURLをコピーしたら、Google Search Consoleを開いて下さい。

にっきー

一応リンクを貼っておきます!

Google Search Console

 

もしここで、「え、Search Consoleって初耳なんですけど」って方は、まずこちらの記事を参考にしながら基本の登録を完了させてください。

新サーチコンソールDNS設定をXserver(エックスサーバー)でやる方法【Search Console】

 

Search Consoleのページに移動したら、該当のブログの「プロパティ」を開き、左のメニューから「サイトマップ」を選んでください。

手順5
サイトマップのURLを貼り付ける
サイトマップの設定ページが開けたら、ここに先ほどコピーしたXMLサイトマップのURLを貼り付けます。

↓こんな感じになっていると思うので・・・

 

貼り付ける時には、不要な「https://〜〜〜〜」などは消して、「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」と同じになるように調整してください。

入力し終えたら「送信」を押します。

こんな感じのページが出たら完了です!

 

難しそうな言葉が使われていて不安になるかもしれないですが、手順に沿って進めれば、そこまで複雑な作業ではないです。

 

 

まとめ

 

今回はGoogle Search Consoleに、XMLサイトマップを登録するやり方をご紹介しました。

にっきー

とても簡単な作業ですが、これをやってあるのとやってないのでは大違い!せっかくブログを書いても、Googleの検索結果への表示されなかったら、訪問者を逃してしまいます

自分が書いたブログが、その情報を求めている人に見つけてもらえるようになるためには、Googleとブログを連携させていくことが欠かせません。

 

にっきー

ブログを収益化させるには、こういう欠かせない「小ワザ」がいくつもあります。「自分のブログが最適化されているのか見て欲しい」とか、「にっきーから直接教わりたい」という人は、まずはメルマガに登録して見てくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)