ゆるふわイラストでわかる!ブログの作り方→

LINE(ライン)の画面シェア(共有)基本の使い方!ビデオ通話や顔出しに注意

にっきー

こんにちは!にっきーです。

LINEもついに、Zoomに続く画面シェアを出してきましたね!

2020年5月3日に、グループビデオ通話と音声通話の機能が大幅アップデートされることが発表されました。

過去の大幅アップデートといえば、オープンチャットがありましたが…こちらは正直、セキュリティの問題でお子さんに使わせたくない、という親御さんも多かったことだと思います。

LINEのOpenChat(オープンチャット)を消す!子ども用制限方法で削除できる?

今回の機能は、予め友だちになっている人限定の画面通話ということなので、そういう意味では安心ですね!

YouTubeを一緒に見られるのは5月4日リリースではありますが、5月3日現在、画面共有(画面シェア)機能は、すでにスタートしています。

発表されていることをもとに実際に使ってみて、操作方法をまとめました。

にっきー

にっきーもYouTubeの説明動画を見ながらやり方解説ができるのはうれしい!この機能には可能性を感じました。

 

LINEの画面共有の使い方

 

新機能リリースということなので、さっそくにっきーが使ってみました!

にっきー

使ってみると、いくつか注意したほうがいいところがあったので、顔出しやプライバシーに敏感な人は要チェックです。

 

基本の画面共有の方法

 

ニュース記事では「グループ通話で」と書いてありますが、1対1の通話でも、もちろん使用可能です。

手順1
相手に電話をかける

まずは相手に電話(ビデオ通話)をかけてください。

注意
1対1の通話では、後から人を追加するということができなかったので、グループで通話をしたい人は、最初からグループ通話にしてください。

にっきー

初めて使う人は、家族などの個人情報(顔とか家とかホーム画面とか)が写っても大丈夫な人にお願いして、試してもらったほうがいいです。

 

手順2
画面のシェアを開始する

ビデオカメラオンの状態で、右上にある「・・・」のボタンをタップすると、メニューが開きます。「画面をシェアする」を選ぶと、共有が始まります。

 

共有を開始する前に、必ず「情報が公開されるけど大丈夫?」という確認が出るので、画面シェアを間違えて押してしまった場合は「キャンセル」をタップすれば大丈夫です!

にっきー

大丈夫だよ!って人は、「今すぐ開始」をタップしてください。

上記はAndroidの操作画面です。iPhoneの場合は「ブロードキャストを開始」という表記になっているそうです。

 

手順3
画面共有開始!

共有が開始した瞬間に、スマホのホーム画面が映し出されます。

にっきー

ホーム画面がグッチャグチャな人は、見られたくないアプリのアイコンが出ていないか確認しましょう!
ビジネスマンだと、マンガアプリばっかりとか、出会い系アプリがいっぱいだと「うわ〜」って思われそうだね。

アドさん

にっきー

そういうことです。例えば「このwebページを見せたい」と思っているなら、それを見せるまでの過程で見られたくないものが表示されないか、確認しておきましょう。笑

一度「画面シェア」を開始したら、画面を映し出している人(シェアしている人)の特別な操作は特になく、普通のスマホの状態をいじるのと何も変わりません

↓こんな感じで、LINEでの相手の顔見えない状態になります

このとき、画面共有者自信の顔も、見えません

つまり、画面を映しながら何かを説明しているとしたら、説明者の顔は見えない状態ということです。ただ、見えなくても通話は出来ている状態です。声は聞こえます。

注意
誰かが画面を映しているときは、そのシェアが終了(停止)されないかぎり、他の人は共有開始をすることができません。優先順位としては、最初に映し出した人が最優先扱いとなります。

つまり、誰かが画面シェアをスタートさせてしまったら「これから自分が映すから、〇〇さんは共有を停止して!」という風にしないと、2人目の人は画面をシェアすることができないわけです。

にっきー

最初の人は特に他の人に断りなく画面共有を開始させられるので、コミュニケーションをとりながら行いましょう。

 

手順4
共有を終える方法

右下にある「■(停止のマーク)」をタップすると、いつでも共有を終了させられます。

にっきー

こんな風にタイマーを映し出せば、ヨーイドン!で何かを始めるワークショップとかもできそうです!

 

LINEの「みんなで見る」の注意点

画面共有者はビデオONじゃないと使えない!

 

実際に使ってみたところ、画面共有をする人(画面を映し出す人)は、ビデオをオンにしていないと使えませんでした。

ビデオ通話(カメラ)をオフにしていると「カメラをオンにしてください」という表示がでてきます。

自分の顔を写したくない人は、オンにする瞬間にレンズを覆うとよさそうです。

…というのも、LINEのフィルターは基本的に顔を加工したり、何かを載せたりするものなので、フィルターで顔を隠すことはできません。

パジャマ状態の人とか、すっぴんの人とか、背景にプライベートなものがある人は自撮りレンズにシールを貼っておくべきだね!笑

アドさん

 

ちなみに、画面をシェアされている人(見ている人)は、ビデオ通話をOFF(音声通話のみ)にしても大丈夫です。

MEMO
自分が画面をシェアしたい人はビデオONが必須。見るだけの人たちは画面OFFで参加可能!

 

顔が見えるのは最大6〜9人!

グループビデオ通話中に画面上に表示される人数は、スマートフォン画面は最大6人iPad画面は最大9人です。

これは、今までの機能よりも多い人数ではありますが、大規模の「顔を見ながら通話」はやっぱり難しそうです。

にっきー

とはいえ、家族程度なら十分な数字かなと思います!

 

画面シェアは録画できない

 

これはもしかしたら端末の問題かもしれませんが、にっきーが画面シェアを使っているときにAndroidの「画面の録画」を使ってみようとしました。

しかし、画面の録画は使えませんでした。ビデオ通話がONになっているときは、画面は録画できないということです。

にっきー

機種によっては録画できる可能性もあります。試してみてください。

 

YouTubeを見られるのは5月4日から!

 

YouTubeをみんなで視聴できたら最高なのですが、LINE公式のリリースによると、YouTubeをみんなで見る機能は5月4日リリースということでした。

5月4日から選択可能になる「YouTubeボタンからYouTubeを一緒に見る」ためには、見たい動画を検索して選ぶか、一緒に見たいYouTubeのURLをあらかじめコピーしてビデオ通話に参加することで、自動的にコピーしたURLが通話中の画面下に表示されます。LINEは「会話の最中に話題に上った動画を検索して一緒に見たり、『面白いYouTubeがあるから一緒に見よう』といったコミュニケーションのきっかけづくりになります」としています。

 

地味に便利な機能

 

共有している画面に書き込みができる

 

たとえばテレワークで、みんなで何か1つの資料を見ているとき、「ここに〇〇と書いてありますが〜」みたいなことを言いたいシーンがあるかもしれませんね。

そういうときは、画面上に書き込む機能を使うことができます。

「画面共有停止」のボタンの上にあるペンのボタンをタップすると…ペンの機能が開きます。

 

あとは手書きで画面の上から文字・線・絵を描くことができます。

ただ、この書き込みは通話終了時に消えてしまいます。

もし保管しておきたかったら、スクリーンショットを撮りましょう。

 

まとめ

 

今回は、LINEの新機能「みんなで見る」(画面シェア)がどんなものなのか、基本の使い方を説明していきました。

MEMO

LINE「みんなで見る」のメリット

  • LINEの利用者は非常に多い=新規でサービスに登録しなくても使える
  • スマホでもPCでも、画面シェアできる
  • 家族やグループ程度(〜6人程度)なら同時に話せる
  • 知らない人が会話に入ってくる可能性がない(Zoomとの違い)

LINE「みんなで見る」のデメリット

  • 画面を共有する人は、ホーム画面をみんなに見られることになる
  • 画面を共有しているときは、他の人の顔が見えない
  • みんなで話している内容を録画することはできない(機種によって違う可能性あり)

テレワークによって利用者が急増している「Zoom」と比べると、予めグループを作ってから通話をスタートさせるというところは、部外者(荒らし)が入ってくる可能性が低くて安心です。

ただ、Zoomのように会議を録画することができないため、途中参加の人に「後で共有するね!」とはいかないです。

にっきー

個人的には、プライベート利用としてはとても便利だなと感じました。

ただ、ビジネスとして使うときは、会議の記録が残らないので「あのときなんて言ってたかな」ということは、自分で別のものにメモをする必要が出てくると感じました。

 

実際に使ってみて、メリット・デメリットが見つかると思うので、気になった人は使ってみてください!

 

在宅テレワークの眠気対策と効率をあげる仕事術・集中する方法を紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)