メルマガのぞき見!【限定情報】をGETする方法

パーマリンクとURLスラッグ設定で脱・日本語文字化け!【Gutenberg・旧エディター】

にっきー

小技でブログは便利になる!

こんにちは、にっきーです。

「この記事読んでほしいな」って思って自分のブログのURLをコピーしてSNSに貼り付けたら…なんか文字化けみたいになった!って経験はありませんか?

この記事にたどり着いている人はきっと、文字化け現象の経験者か、「URLが日本語だから直したほうがいいよ」と誰かに指摘されたかのどちらかではないかと思います。(笑)

 

今回は、SNSやメールなどに貼り付けるときにも文字化けやリンク切れしない「英数字だけのURL」にするやり方を紹介します。

にっきー

普段自分のブログ記事のURLなんて気にしていなかったという人は、この記事をキッカケに投稿前にURLをチェックすることを習慣をつくっていきましょう!

 

パーマリンクの基本設定

 

パーマリンクってそもそも何?

 

「パーマリンク」の設定は、できるだけブログができた初期にやってほしい内容です。

はい!まず「パーマリンク」って言葉が何を指しているのか分かりません!

アドさん

にっきー

分からなくて当然です!普段生活していて出会う言葉ではないですからね〜

まずは「パーマリンク」が何なのかを確認しましょう。

 

パーマリンクとは

ブログやwebサイトの各ページごとの個別のURLのことです。パーマリンク自体の語源は「Permanent Link(パーマネントリンク)」、つまり、恒久的なリンクということです。

この名称には、運営期間が長くなっても変わらないLINK(URL)という意識があるのが分かりますね。

基本的には変わらない(恒久的)ってことなら、誰かがシェアしたりリンク先で使ったりしても安心だね。

アドさん

にっきー

そうなんです。逆に言えば、むやみに変えないでほしいリンク(URL)ということですね。

頻繁にパーマリンクを変えてしまうと、Googleの検索結果からブログの記事を訪れようとしている人リンク切れでたどり着けなくなったり、「この記事分かりやすいな」って思って引用してくれているブログからもこちらに訪れることができなくなったりしてしまいます。

あー…書いてある住所を訪れたら引越し後で新しい住所も分からない!みたいな感じかな。

アドさん

 

パーマリンクの設定方法

 

それでは、ここからパーマリンクの設定方法をお話ししていきます。

WordPressの左の「設定」から「パーマリンク設定」を選びます。

 

ページが開いたら、自分の好きなリンク構造を選びます。

にっきー

にっきーは「カスタム構造」で自分が使いやすいリンク構造にしています。

「カスタム構造」は、自分が使いたい要素を語群からポチポチ選ぶだけで、好きなリンク構造を作ることができます。

 

 

ちなみに、にっきーのオススメの「カスタム構造」はこちらです。

 

コード
/%postname%/?p=%post_id%/

 

「postname(ポストネーム)」は投稿した記事ごとに設定できるので、例えば今回の記事でいえば「postname」のところに「permanent-link-osusume(パーマリンクおすすめ)」という言葉を使っています。

 

 

「post_id(ポストID)」は、投稿した記事ごとに割り振られる数字です。

 

post idがあると便利なのはどういうとき?

アドさん

にっきー

例えば過去に「postname」で使った名称を忘れちゃって、同じ「postname」をつけちゃったとしても、「post id」が違う番号を振り分けてつけてくれるので、URLがカブることはありません!

また、ブログのテーマによっては「post id」によってブログ内でリンクを貼るものもあります。(有料テーマの「SANGO」では、post idが関連記事を紹介するときに不可欠です。)

 

この他にも「カテゴリ名」をURLに入れてもokです。

↓こんな感じです。

 

にっきー

こうやって見ているといろいろな情報を入れたくなるかもしれませんが…気をつけてほしいのは情報を入れれば入れるほどURLが長くなっていくことです。

リンクとしてどこかに貼るときにも、長すぎるよりはある程度の長さにとどめておいた方が便利なので、にっきー個人としては、カテゴリ名は入れなくてもいいかなと思います。

ちなみに、パーマリンク(URL)にカテゴリ名を入れていなくても、カテゴリー設定を行っていればカテゴリーごとに記事を表示できます。

 

なお、パーマリンクにカテゴリ名(%category)を入れる人は、必ず「カテゴリのスラッグ」の設定も終わらせてください。カテゴリのスラッグ設定を忘れていると、URLに日本語が入ってしまう可能性があります。

※詳細は以下の記事で説明しています。

カテゴリー名は日本語でURLを英字にしたいときの設定方法は?【WordPress】

 

このように、URLの設計にはいろいろな選択肢はありますが、URLを見たときに「どんな内容の記事か」が分かるかどうかを意識しましょう!

これもGoogleさんが意識している「ユーザーへの親切さ」だね!

アドさん

 

URLスラッグの設定方法

 

記事のURLを「パーマリンク」として設定したら、記事を書いて投稿するごとに「URLスラッグ」を設定するようにしましょう。

URLスラッグって何?

 

URLスラッグを設定しましょうと言われても、「そもそもURLスラッグって何?」から始まりますよね。

パーマリンクと何か違うの?

アドさん

にっきー

URLスラッグは、パーマリンクの設定で言う「postname」の箇所を決めるイメージに近いです。

 

↓これの、赤い枠の中を決めるってことですね。

 

そうか、投稿ごとに「postname(ポストネーム)」は決められるんだもんね。

アドさん

にっきー

「自由に決められる」ということは「決めなければならない」ということでもありますからね。

 

この「URLスラッグの設定」は、ブログ投稿時のエディターによって異なります。

ブログ投稿の編集に使っているものが、「ブロックエディタ(Gutenberg)」なのか、「旧エディタ(クラシック)」それぞれのやり方そ説明していくので、自分に合った方の説明を確認してください。

 

Gutenberg(グーテンベルク)の場合

 

Gutenberg(ブロックエディタ)を使っている人は、右側が「文書」のタブになった状態で設定をしていきます。

「パーマリンク」という項目があるので、まずは見つけてください。

 

パーマリンク」を見つけたら、「URLスラッグ」と書かれたところに、実際のURLとなる英数字の文字列を入力していきます。

日本語のままだとURLに日本語が入りますが…

 

英数字にすると、URLも英数字となります。

にっきー

アルファベットの大文字は使えないので、基本的にすべて小文字です。また、英字・数字の他に「-(ハイフン)」も使えます。

 

旧エディター(クラシックエディタ)の場合

 

旧エディター(クラシックエディタ)の場合は、タイトル入力欄の下に、パーマリンク(URLスラッグ)の設定窓があります。

 

「編集」のボタンを押して、URLを変えていきます。

 

入力できる欄に、タイトルや内容に合った英数字を入力します。

※ここで入力できるのは小文字のみなので、大文字を入力しても勝手に小文字に変換されます

入力したら「OK」を押して、反映させます。

 

旧エディターの方が、忘れにくい場所にURLの設定があるね。

アドさん

にっきー

Gutenbergは見落としそうな場所にあるので、自分の中で習慣化するように心がけましょう。

 

まとめ

 

今回は、URLが日本語になってしまっている人に向けて、シンプルで分かりやすいURLに変える方法を紹介しました。

MEMO
  • URLの基本構造は、「設定」→「パーマリンク設定」から変える
  • URL構造に情報をあれこれ詰め込みすぎないように!
  • 長過ぎるURLよりは極力シンプルにしたほうがいい
  • 記事の投稿ごとに「URLスラッグ」の設定が必要
  • Gutenberg(ブロックエディタ)を使っている人は特に忘れないよう注意!

 

URLの構造は人それぞれ考えがあると思うので自由に設定していいですが、できれば日付は入れないことをおすすめします。

日付をURLに入れてしまうことで、加筆したり編集したりして公開後に更新をしていたとしても「あ〜、この記事〇〇年の情報か。古いから読むのはやめよう。」ってなってしまうともったいないからです。

 

にっきー

シェアされたときになんとなく内容の察しがつくURLを目指して設定していきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)