メルマガのぞき見!【限定情報】をGETする方法

明るい人は自信がなくてネガティブで人見知り?本当の性格や見分け方は?

にっきー

こんにちは!にっきーです。

にっきーはインターネットの外の世界では、明るいキャラで通しています。(笑)

なぜなら、明るいキャラの方が得することが多いからです。

わかるナァ。暗いとそれだけで上司ウケが悪かったり、嫌味言われたりすることある・・・。

アドさん

けれど、がんばって作り上げているニセの明るい性格は、どうしても疲れてきます。そんなときに「自分が明るさを演じているのは、本当はネガティブだからだな」と気付いてしまいます。

 

そこで!

 

『周りの人からは明るいとよく言われるけど、本当の自分は全然違う』という人のために…そして、そんな人と関わる人のために(笑)、隠れネガティブさんがなぜ明るいのかを説明します!

 

明るい人は本当にポジティブ?

 

明るい人から「私本当はネガティブだし・・・」と言われても「いやいや、陽キャラと陰キャラは根本的に違うから!」みたいに思う人もいることでしょう。

 

ていうか、「本当は暗い」「家では無言だよ」とか言われても、信じられないですよね(笑)

 

にっきー

にっきーも「実は暗い」とカミングアウトすることがありますが、だいたい信じてもらえないですね(笑)
そりゃ、にっきーが普段明るく振る舞うからでしょ。

アドさん

 

『明るいやつの悩みなんて、暗い人に比べたらちっぽけだったり贅沢な悩みだったりするに違いない』と思われがちです。そのため、「なんか悩んでない?」って声をかけられるときは、だいたいもう限界ギリギリの、末期のときです(苦笑)

 

にっきー

いやいや、会社とか集団でいるときに明るい人は、結構、根がネガティブさんと似ているんですよ!!(なぜならにっきーがそのタイプだからです)

 

まず、『明るい人は全員がポジティブじゃない説』を説明していきます!

 

明るい人=ひと目を気にする?!

 

「明るい人」をがんばって演じている人は、ただ明るいのではなく目的をもって明るく振舞っている場合があります。

「場を盛り上げるため」だったり「仕事中は強さを演じなきゃ」と、仕事という場では特に、明るいことの責任感をもっていたりすることがあります。

 

にっきー

もちろん根っからの明るい人もいますが、にっきーはこれまで、『隠れネガティブな明るいキャラ』に何度か遭遇したことがあります。同類だから引きつけてしまうのでしょうか・・・(笑)

 

ストレートに言ってしまえば、このタイプの人は…

 

「めっちゃ人目を気にする人」の可能性があります。

 

人からの見られ方を気にするからこそ、「明るい人」「関わると楽しい人」「励ましてくれる人」みたいに、誰もからいい人に見られようと、無意識のうちにしてしまうのです…。苦しい時もついつい、『理想の自分』を見せてしまうのです。

 

にっきー

にっきーはまさにこのタイプ☆ 周りからの見え方ばかり気にしてしまうんです・・・。だから、辛さもあまり表に出さないので、滅多に人から心配されることはありません・・・

 

明るい人=自信がない人?!

 

もうひとパターン、作られた「明るい人」の本当の性格があります。

 

明るい人は、実は自信がない人かもしれません。

 

自分に自信がない人は、弱さを隠すために強がってしまいがちです。

 

明るいキャラで振る舞っていると、たいてい、人は寄ってきてくれます。「この人といると楽しい」「なんだか面白いことありそう」と思ってもらえるからです。

 

にっきー

「明るいキャラ」を演じることで、傷つくことがあっても、冗談のように(表面上は)流していけるのです

 

『〇〇さんみたいにサバサバしてると、ホントそういう可愛い系って似合わないよね〜w』

 

『うっさい!w キャラ転換ねらってんだよ!ほっとけ!(笑)』

 

みたいにやりとりしていながら、本当は「やっぱり似合わないのか・・・本当は可愛いもの好きなのにな。」と思っていたりします。隠れネガティブだから、弱さを見せないように頑張ってしまうのですね。

 

自信がない人ほど、素のキャラを出すことで嫌われたり拒絶されたり、浮いてしまったりするのを恐れてしまいます

とても明るい人だけど、「遊びに行こう」「飲みに行こう」と自分からあまり誘わない人がいたら、その人は断られることを恐れている「明るいキャラ」さんかもしれませんよ。

 

にっきー

にっきーもこの要素をもっています。普段明るく振る舞うことで『明るいね』『気が強いよね』とよく言われますが、自分から誰かを誘うことは、断られることが怖くてできません…。

 

傷つかないための防御=気の強さ?!

 

だんだんとお判りいただけたのではないでしょうか。明るいフリをしている人ほど、本当は不安が多いのです。人目を気にしながら、バレないように、自分が傷つかないように、振舞っているかもしれないのです。

人の反応を気にしている人は、実はとても空気を読むことに長けた人だという話もあります。

 

  • 実は人目を気にしている
  • 実は極度に自信がない
  • 実は自己防御のために演じている

一見明るいように見えてもこんな風に悩んでいるかもしれませんよね。

 

だからこそ、隠れネガティブさん・演技派明るいキャラさんに最後に言っておきたい一言があります。

 

明るく振舞っていてえらい!!

 

周りが認めなくても、にっきーが認めます。認定です。明るく振舞っているのはすごいことです!

くれぐれも無理はせぬように。

 

そんな風に周りに気を使いながら生きているあなたがもし、(周りにとやかく言われそうだから口にはしないけど)本物の“リア充”みたいに、旅行したりリゾートホテルに泊まったりしたい!

そんな思いを抱いているのなら、にっきーにもお手伝いできることがあるかもしれません。

にっきーの教えている「ブログで自由を手にする」という生き方は、帰宅後の1時間を費やせるのなら、今の日常を少しずつ変化させられます。

にっきー

みんなの前でキャラを演じることに疲れている人は、時には自分が本当にやりたいことを叶えてもいいと思います。よかったら、メルマガを読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)